近視・乱視の原因・症状と治療法

近視・乱視の原因と治す方法(トレーニング法)やコンタクトやレンズの選び方、レーシック手術についての知識や問題点などもご紹介しています。

レーシック手術の流れ

《 レーシック手術の流れ 》

① 手術用のベットに横になり、頭部を固定。

② 目の周りを消毒。

③ 局所麻酔薬を点眼。

④ マイクロケラトームの妨げにならないように開眼器を装着し、解放状態で瞼を固定。

⑤ 瞳孔中心とフラップ作成後の位置確認用にマーキング。

⑥ フラップを作成。この際、軽い圧迫感あり。

⑦ フラップをめくる。フラップの裏面が乾燥して痛めてしまわないように工夫を施し、フラップを固定。角膜実質面の水分を除き、患者の眼のセンタリングを確認。この時から眼の前にすりガラスを置いたようになり、しばらく何も見えなくなる。


スポンサーリンク


⑧ レーザー照射音を聞く。名前を呼んで何秒照射するか説明を聞いた後、「ビビビ」というテストの照射音を聞くことになる。それは事前のテストで、患者に心の準備をしてもらうため。

⑨ 目が動かないように、器具を用いて眼球を固定してからレーザーを照射。照射時間は矯正度数によって異なりますが、マイナス8Dで25秒程度。

⑩ フラップをマーキングにしたがって戻し、特殊な器具を使用し薬液によって洗浄。洗浄が不十分だと、金属粉等の異物や角膜上皮細胞が残るため、手術顕眼鏡で確認しながら念入りに行われる。

⑪ 表面の余分な水分を眼科用スポンジで吸収してから、角膜を焼く2~3分間乾燥させ、フラップを装着。

⑫ フラップの接着確認後、抗炎症剤と抗生剤の眼薬を点眼して終了。裸眼視力で0.5程度まで回復。

 - レーシック

就学時検診で視力1.0未満であると引っかかったお母さんそのまま放置させないでください!

5歳児の視力は目のみならず脳や視神経が完成する時期と一致するので今の視力がその子の持って生まれた最高視力となります。将来後悔しないためにお子さんの視力を回復させる必要があります。

遠視の方は弱視予防のために眼鏡をかける必要があります。仮性近視や近視の場合は安易に眼鏡にすると近視を助長させてしまうので、効果的なトレーニングで視力を上げることが重要です。

年長さんでも自宅にいながら視力が上がったという実績多数の 自宅トレーニングプログラムはこちらです。

・就学時検診の時Bだった方がAになったという方からの感謝メールはこちら
・昨年の就学時検診で引っかかった5歳の女の子のお母さんから「よくなりました !」という内容の感謝のメールはこちら

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

スポンサーリンク


視力回復マニュアル人気ランキング
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

 次へ
レーシック手術後の問題

 前へ
レーシックとは?



●他サイト人気記事

レーシック手術の流れ

近視・乱視の原因と治す方法(トレーニング法)やコンタクトやレンズの選び方、レーシック手術についての知識や問題点などもご紹介しています。

Copyright© 近視・乱視の原因・症状と治療法 , 2015 All Rights Reserved.