近視・乱視の原因・症状と治療法

近視・乱視の原因と治す方法(トレーニング法)やコンタクトやレンズの選び方、レーシック手術についての知識や問題点などもご紹介しています。

レーシックとは?

レーシックは一般的には近視を治療する方法として知られていますが、レーシックは乱視も治すことができます。

ただ、一口にレーシックと言っても様々な種類があります。

乱視の人向けのレーシック、近視の人向けのレーシック、と分かれているわけではなく治療を受ける人の年齢や目の状態からどのレーシックで治療をするかが決められます。

《 レーシックの種類 》
先ほども書いたようにレーシックにはたくさんの種類があります。中でもよく行われている4つのレーシックについてご紹介します。

・レーシック

角膜の表面をマイクロケラームと呼ばれる道具で削ります。

次に削ったところにフタをします。このフタはフラップと言い、フラップをめくってレーザーを当てることで乱視を治します。

少し前までこの方法が主流でしたが、より安全でリスクの少ない方法が開発されたため、行われる回数は以前よりも減ってきました。

・イントラレーシック

フラップのサイズや厚さを自由自在に変えることができるので、レーシックで乱視を矯正することができなかった人でも高い効果が期待できます。


スポンサーリンク


従来のレーシックよりも精密に行えるため、現在ではイントラレーシックで乱視を治す人が増えてきています。

・エピレーシック

エピレーシックではレーシックやイントラレーシックと同じく角膜の表面を削ってフラップを作りレーザーを当てて乱視を矯正しますが、エピレーシックではより薄く角膜を削ることができるので、角膜に厚みがない人でも受けることができます。

エピレーシックをした後はコンタクトレンズをして目を保護します。

・ラセック

隔膜を削るのではなく、アルコールで柔らかくし、めくるようにして手術する方法です。角膜に傷があったり形が変形している場合に行います。

レーシックで乱視を治す場合は必ず眼科でカウンセリングをしましょう。

「でも、カウンセリングってお金かかるんじゃ・・・」

心配することはありません。カウンセリングは無料でしてくれるところが多いですよ。

自分の角膜の厚さなどを見てもらって自分に合ったレーシックの方法で近視・乱視を治しましょう!

 - レーシック

9月に入り二学期の視力検査で視力1.0未満だったお子さんには眼科を受診するよう指導が出ていると思います。

その際に眼科の先生の指示に従い、眼鏡にしてしまうと近視はどんどん進み、今後何度も眼鏡を買い替えることになります。

そうならないようにあきらめて眼鏡にしたりせず、成功者続出の自宅トレーニングプログラム「 アイトレーニングコンプリートキット」でお子さんの視力を回復させてあげて下さい。

スポンサーリンク


視力回復マニュアル人気ランキング
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

 次へ
レーシック手術の流れ

 前へ
遠視性乱視/子供の遠視性乱視



●他サイト人気記事

レーシックとは?

近視・乱視の原因と治す方法(トレーニング法)やコンタクトやレンズの選び方、レーシック手術についての知識や問題点などもご紹介しています。

Copyright© 近視・乱視の原因・症状と治療法 , 2015 All Rights Reserved.