近視・乱視の原因・症状と治療法

近視・乱視の原因と治す方法(トレーニング法)やコンタクトやレンズの選び方、レーシック手術についての知識や問題点などもご紹介しています。

コンタクトとメガネの選び方

・ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは、乱視を矯正する力が強く、黒目に傷ができると、すぐに痛みを感じるので、深刻な眼の病気になる前に自覚しやすい。ただ、その分、慣れるまで1週間程度時間が掛かります。

綺麗に使用すれば、2~3年の耐久性があるので、比較的経済的です。スポーツをしない人、乱視が強い人、眼の病気に敏感な人に向いています。

・ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズは、様々なタイプの物が市販されています。

乱視を矯正する力は弱く(乱視用のレンズも色々あるが、ハードレンズ程の効果はありません)装用感に優れているのが特徴です。痛みを感じにくく、病気にかかっていても自覚しにくい。

大きく分けると、従来のレンズに加え、1日、1~2週間、1ヵ月のレンズに分類できます。


スポンサーリンク


※乱視用のコンタクトレンズは、レンズの眼の上での回転を抑え、乱視に合わせる事が重要になります。最近では各メーカーで、工夫を凝らした商品が開発されていて、今までの乱視用コンタクトレンズに比べると、格段にレンズの回転が抑えられるようになりました。

※どのタイプのコンタクトレンズも、ドライアイ、アレルギー性結膜炎などの眼の病気がある人、コンタクトレンズの装着や、手入れができない小さなお子さんなどには向いていません。

・メガネ選びのポイント

乱視で眼鏡を作るなら、空間視の違和感を最小限に抑える処方や、フィッティングができる事が重要になってきます。

眼鏡による乱視矯正では、一般的に、度数も軸度もありのままに矯正する方が、物がはっきりと見える(矯正視力が良く出る)のですが、そうすると、空間視の違和感が増ると言うジレンマが起こるのです。そのジレンマを解消するには、その乱視の度数や軸度だけをいくら見つめても解決しません。

眼鏡の度数はもとより、眼鏡の用途、用法、必要視力、年齢、装用テストなどを考慮して、自分にあっため眼鏡を作ることをお勧めします。

 - コンタクト・メガネ・レンズ

就学時検診で視力1.0未満であると引っかかったお母さんそのまま放置させないでください!

5歳児の視力は目のみならず脳や視神経が完成する時期と一致するので今の視力がその子の持って生まれた最高視力となります。将来後悔しないためにお子さんの視力を回復させる必要があります。

遠視の方は弱視予防のために眼鏡をかける必要があります。仮性近視や近視の場合は安易に眼鏡にすると近視を助長させてしまうので、効果的なトレーニングで視力を上げることが重要です。

年長さんでも自宅にいながら視力が上がったという実績多数の 自宅トレーニングプログラムはこちらです。

・就学時検診の時Bだった方がAになったという方からの感謝メールはこちら
・昨年の就学時検診で引っかかった5歳の女の子のお母さんから「よくなりました !」という内容の感謝のメールはこちら

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

スポンサーリンク


視力回復マニュアル人気ランキング
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

 次へ
【遠視】【近視】【乱視】【老眼】の違い

 前へ
乱視の治療



●他サイト人気記事

コンタクトとメガネの選び方

近視・乱視の原因と治す方法(トレーニング法)やコンタクトやレンズの選び方、レーシック手術についての知識や問題点などもご紹介しています。

Copyright© 近視・乱視の原因・症状と治療法 , 2015 All Rights Reserved.