近視・乱視の原因・症状と治療法

近視・乱視の原因と治す方法(トレーニング法)やコンタクトやレンズの選び方、レーシック手術についての知識や問題点などもご紹介しています。

乱視の検査

・オートレフケラトメータ

機械を使って、乱視や近視などの度数(屈折)を調べる検査です。検査は比較的簡単で、通常1分以内に度数が表示されます。本人の自覚的な要素は必要ないので、他覚的屈折検査とも呼ばれています。

検影法(レチノスコピー)

他覚的屈折検査の一つで、眼の中に光を投影する検影器と、度数の違うレンズを、1枚の板にまとめた板付きレンズを使用する方法で、オートレフケラトメータ よりも、正確な検査ができると言われていますが、検査をするには、熟練の技術と知識が必要であり、最近では、検影法での検査は減ってきています。

自覚的屈折検査


スポンサーリンク


本人の自覚的な見え方(視力)を確認しながら行う検査です。メガネの形をした枠に、検査用のレンズを入れ替えながら、最も見やすくなるレンズの度数を調べます。このレンズの度数が、近視や乱視(矯正視力)もあわせて測定します。

角膜形状解析(トポグラフィ)

眼の表面(角膜)の形を測定する検査です。角膜のカーブの分布を色分けして表示します。角膜の歪み方もわかるので、ある程度の乱視の予想ができます。

波面センサー

他覚的屈折検査の一つですが、オートレフケラトメーターより、詳しく乱視の状態がわかる検査です。正乱視だけではなく、不正乱視まで測定できます。

 - 乱視

9月に入り二学期の視力検査で視力1.0未満だったお子さんには眼科を受診するよう指導が出ていると思います。

その際に眼科の先生の指示に従い、眼鏡にしてしまうと近視はどんどん進み、今後何度も眼鏡を買い替えることになります。

そうならないようにあきらめて眼鏡にしたりせず、成功者続出の自宅トレーニングプログラム「 アイトレーニングコンプリートキット」でお子さんの視力を回復させてあげて下さい。

スポンサーリンク


視力回復マニュアル人気ランキング
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット・CD-ROM,メールサポート付~

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)

視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

 次へ
乱視の種類

 前へ
乱視になりやすい人



●他サイト人気記事

乱視の検査

近視・乱視の原因と治す方法(トレーニング法)やコンタクトやレンズの選び方、レーシック手術についての知識や問題点などもご紹介しています。

Copyright© 近視・乱視の原因・症状と治療法 , 2015 All Rights Reserved.